家族で観よう!カンフー・パンダ2

不朽の名作

    親子で楽しむアニメ

    あるアンケートで『子供の映画デビューはアニメから』が81%という数字でした。2008年の『カンフー・パンダ』が公開されてからの続編として、食いしん坊のパンダのポーが奮闘する姿を描き出した『カンフー・パンダ2』のテーマは【親子の絆】と【友情の絆】です。続編の『カンフー・パンダ2』では、前作と引き続き主人公のポーが世界を救うためにマスター5の仲間たちと一緒に巨大な敵に立ち向かっていきます。

    『カンフー・パンダ』はアニメですが、その声優を務める俳優陣もとっても豪華なラインナップです。ブランジェリーナでハリウッドの注目を常に浴びているアンジェリーナ・ジョリーは雌のトラ『マスター・タイガー』の声を担当していますが、前作の『カンフー・パンダ』の時にカンヌで記者会見を行った時にはブラッド・ピットとの間との双子を妊娠中でした。養子も育てて実子も出産して、大家族となって世界中を飛び回って常にシャッターを浴びている生活を送っているアンジョリーナ・ジョリーはこの作品について、映画の中でも実の親子ではない親子関係が取り上げられていることにちなんだ関係について「家族こそ愛がある場所。養子縁組や生みの親、孤児という言葉は我が家では明るい響きを持つ言葉。私の子供たちはそれらのことについて話すことに慣れている。そして映画のパンダのポーみたいなんだということがわかって、より誇りを持つようになったと思う。それはとても素敵なこと』と記者会見で話をしています。

    養子縁組をして、育て上げているアンジョリーナ・ジョリーだからこそこの言葉はとても重みがある言葉だと思います。そしてこの人気シリーズに加わっている喜びを話しています。

    『カンフー・パンダ2』あらすじ

    むかしむかしのこと。中国のゴンメン町を統治していたのはクジャク一族の継承者シェン大老(ゲイリー・オールドマン)です。そしてシェン大老は、国家全域を治めるために武器として花火の力を利用しようとしていました。

    王宮には予言するヤギがいます。予言するヤギは予言おばば(ミシェル・ヨー)です。そして予言おばばが「白黒の戦士」がいつかシェン大老を負かすだろう・・という占ったとシェン大老は聞くと、「白黒戦士」は「ジャイアント・パンダ」のことだろう。と推測して、予言おばばの占い通りになることを避けるために、パンダたちを皆殺しにしました。

    そして、シェン大老の両親はこのパンダの皆殺しというとてもひどい仕打ちに恐れおののいて、シェン大老を追放します。追放されたシェン大老は復讐を誓うのでした。

    何年か後のこと、龍の戦士になったポー(ジャック・ブラック)は、友人と仲間の5人のカンフーの達人【マスター・ファイブ】マスター・タイガー(アンジョリーナ・ジョリー)マスター・ツル(デヴィッド・クロス)マスター・モンキー(ジャッキー・チェン)マスター・ヘビ(ルーシー・リュー)マスター・カマキリ(セス・ローゲン)たちと一緒に、平和の谷を守っていました。しかし、シーフー老師(ダスティン・ホフマン)から【内なる平和】を達成するにはまだまだだと言われるのでした。

    ある日のこと、狼の盗賊に襲われている音楽家の村に駆けつけます。それはシェン大老に命じられて精製された金属を盗んでいたのでした。そして狼の盗賊を追い払うために戦っている時に、盗賊を率いているウルフ隊長(ダニー・マクブライド)の甲冑に付けられている紅い目のマークを見てポーは取り乱してしまいます。そのマークを見ると、ポーは突然遠い昔に戻ってしまいポーは自分が赤ちゃんだった時のポーの母親を一瞬思い出してしまうのです。母親を思い出したことで取り乱したポーは狼の盗賊を取り逃がしてしまいます。

    そして、ポーは父親のガチョウ、ミスター・ピン(ジェームズ・ホン)に自分の過去を尋ねるます。「僕はどこからきたの?」父親のミスター・ピンが答えたのは養子だということ。幼い頃に大根の箱に入れられているのを見つけて養子にしたということだけでした。

    シーフー老師は、龍の洞窟でポーに【内なる平和】の奥義を教えようとしていました。するとそこへ中国のゴンメンでゴンメンの町を守っているカンフー議会の指導者マスター・サイ(ヴィクター・ガーバ)が、昔に追放された孔雀のシェン大老が、強力な兵器の大砲でカンフー評議会のマスター・サイを殺して、権力を奪ったという知らせが届くのでした。シェン大老は新たに開発した大砲でカンフーの伝統を破滅させて中国すべてを征服するつもりなのです。

    そこで、カンフーを守るためそして昔に追放されたシェン大老という新たなる敵と戦うために、ポーとマスター・ファイブはゴンメンの町に行きます。その途中の船の中でしばし寝ていると、ポーは両親の悪夢を見るのでした。そして船はゴンメンに到着するとゴンメンの町はもうすでにシェン大老の軍政下にあるのでした。

    ゴンメンの町でなんとか2人のカンフー議員を見つけることができました。2人とも捕えられていました。マスター・ウシ(デニス・ヘイスバード)とマスター・ワニ(ジャン=クロード・ヴァン・ダム)に町を解放するために手助けして欲しいと頼むのですが、二人はシェン大老の兵器の強さに比べて自分達の力が及ばない事を話をして手伝う事を拒否するのでした。

    そのころ孔雀城ではシェン大老に、音楽村での収穫を届けに狼の盗賊が脚を運んでいます。しかし思ったよりも収穫が少ないことについて、パンダに邪魔されたから収穫が少ないと言います。それを聞いてもちろんシェン大老は怒り狂ういます。そしてそのパンダを見つけろ!と命令するのでした。

    ポーとマスター・ファイブは、こっそりと市内を歩き回っていましたが、ウルフ隊長(ダニー・マクブライド)に見つかってしまいます。そしてウルフ隊長に街中をポーとマスター・ファイブは追いかけられてその末に行き着いたのは孔雀城の前でした。そして塔にいるシェン大老の所へ連れて行かれますが、マスター・ヘビとマスター・カマキリのおかげで縄を解くことに成功します。そして脱出して大砲を破壊するのでした。そしてシェン大老を追い詰めるのですが、ポーはまたしてもシェン大老の凝った洋服の羽に、以前と同じ赤い目のマークが見えてしまい、またしても過去に記憶が飛んでしまいボー然としていまい、シェン大老を逃がしてしまいます。そして壊したと思った大砲はたった1つではなかったのです。

    ポーは仲間のマスター・ファイブに悩みを打ち明けます。そしてマスター・ファイブはポーの乱心に立ち向かうのでした。ポーが幼い頃に両親と離れ離れにされた夜のこと。その時にシェン大老がいたのを覚えているのだと説明します。シェン大老に過去の出来事を質問したいようです。そんなポーにマスター・タイガーは共感しますが、ポー自身の安全のために大人しくしておくようにと命じるのでした。

    そして、ポーを残してマスター・ファイブは大砲を作っている工場を破壊するために出て行きます。大人しくしておくように言われたにもかかわらず、ポーはシェン大老に立ち向かうために、1人で大砲工場に押し入ります。しかしポーのこの行動が不注意にも工場を破壊しようとしていたマスター・ファイブたちを妨害することになってしまいました。

    シェン大老はポーの両親はポーを捨てたのだ!と言い張り、ポーを大砲で川まで吹き飛ばしマスター・ファイブを捕えてしまうのでした。

    川まで吹き飛ばされたポーを助けてくれたのは予言おばばです。予言おばばが看病してくれました。おばばはポーにここがかつてはパンダの村だったことを教えます。予言おばばは、『白黒の戦士に成功の邪魔をされる』と占ったために、ポー生まれ故郷の廃墟の村にシェン大老によって追放されていたのでした。そして、その予言が成功しないように、シェン大老はパンダの村を破壊したとも言います。こうして予言おばばからポーは助言を受けるのでした。それは【過去を受け入れる】ということです。

    そして、ポーはあることを思い出します。それは、ポーが幼い頃にシェン大老の軍が全部のパンダを殺して焼き払いをするために、ポーの両親は犠牲となってポーの命を救ったことです。ポーの母親はシェン大老の軍に村が制圧されるまえに、まだ幼いポーを野菜の箱に隠したことを思いだすのでした。ポーは遂に自分の過去を見つけ出すことに成功しました。そしてこの時にポーが朽ち果てたドアを持ち上げると、そのドアの下にはポーが子ども時代に遊んでいたおもちゃがありました。そんな悲劇があったけど、ポーには幸せで満ち足りた生活があったのだということを悟って、【内なる平和】をマスターするのでした。

    そうして、ポーは予言おばばの手助けによって健康を取り戻すことに専念して、マスター・ファイブを救出するため。そしてシェン大老の中国征服を阻止するために旅を続けることになりました。

    シェン大老は大量の大砲を船に乗せて町の運河を下って、その運河から川に出て中国を支配しようとしていました。ポーはそこへ単身で向かい『内なる平和』を使って、シェン大老の砲火が大老自身の部隊へと砲火が向きを変えて大砲を破壊するというカンフーテクニックを使います。まさに大砲の相撃ちです。

    そしてマスター・ファイブを解放して、シーフー老師と、監獄に捕らえられていたマスター・ウシとマスター・ワニも参戦します。ポーはシェン大老に過去は忘れるようにと諭しますが、シェン大老はそれを拒絶します。そして自分の過去を選ぶことは出来ると同意はしますが、シェン大老は悪の過去を選びポーを攻撃します。ポーはシェン大老の船で戦います。するとシェン大老は不用意にも最後の大砲を持ち上げるロープを切ってしまい、大砲は落下してきてシェン大老は大砲に押しつぶされて亡くなってしまいます。

    ポーたちは勝利を飾り、過去よりも今どうなりたいかが大事かという事を悟ったのでした。そして、ポーは平和の谷へと帰ってポーの父親だと愛情深く言い切る父親と再会します。そしてポーは「僕は父さんのこどもだ」と告げるのでした。その時と同じくして、パンダの村ではポーの実際のつまり生物的に父親パンダが、『息子が生きている』ということを感じるのでした。

    カンフー・パンダ2登場人物

    ポー・・・ジャイアントパンダ

    晴れてマスターファイブの一員となりましたが、1作目同様に小心者で食い意地の張った性格なのは相変わらずです。しかしカンフーに対する情熱は人一番あります。今回は自らの出生の秘密に関わる事件に巻き込まれる事になります。

    シーフー老師・・・レッサーパンダ

    ポーとマスターファイブの師匠です。タイランの育成に失敗したので弟子達と距離をとっていましたがポーが彼の笑顔を取り戻すが厳しいのも相変わらずです。正直ポーの飲み込みの速さには内心驚いています。

    マスター・タイガー・・・雌のトラ。

    マスターファイブの一人で、虎拳(とらけん)使いです。表面上はポーに対しては相変わらずの態度を取っていますが、ややその態度は軟化して来ていて、実は彼に一番信頼を寄せている事を伺わせています。

    マスター・モンキー・・・サル。

    マスターファイブの一人で、猿拳(さるけん)使いです。陽気で関わりやすく五人の中で唯一武器を使用することがあります。ツルの声マネが上手いと思っています。

    マスター・ヘビ・・・雌のヘビ。

    マスターファイブの一人で、蛇拳(じゃけん)使いです。気まぐれな性格で、体を変幻自在に動かし避けるだけでなく鞭のように攻撃することも出来ます。

    マスター・カマキリ・・・カマキリ。

    マスターファイブの一人で。蟷螂拳(とうろうけん)使いです。五人の中で一番小さいのですがパワーもスピードもその体からは、想像出来ないほど凄いです。今回はその小ささが役にたつ時が・・・。

    マスター・ツル・・・ツル。

    マスターファイブの一人。鶴拳(かくけん)使いです。彼がみんなのまとめ役になっています。優雅に空を舞うだけではなく翼を使って攻撃をかわす防御の達人です。

    シェン大老・・・クジャク。

    どんな技も吹き飛ばす武器を作りカンフー抹殺を企むポー達の新たな敵です。ポーの出生に深く関わっています。最後は倒れてきた大砲に押し潰されて悲しい最期を遂げることになります。

    ウルフ隊長・・・オオカミ。

    シェン大老の部下で、オオカミの盗賊のリーダーです。仲間思いで、オオカミ達を一番の味方としています。